将棋研究

将棋研究 > 将棋ニュース > 小山怜央アマ、棋士編入試験受験へ【日程追記あり】

小山怜央アマ、棋士編入試験受験へ【日程追記あり】

このたび日本将棋連盟は、小山怜央アマより棋士編入試験受験申込を9月28日に受理いたしました。
小山アマは9月13日に行われた公式戦に勝ち、10勝5敗で棋士編入試験受験資格を満たしておりました。試験は規定通り11月から1ヶ月に1対局ずつ行われ、試験日と試験会場は小山アマと試験官の日程を調整し決定いたします。

【公益社団法人日本将棋連盟 棋士編入試験規定】

試験日
申請受理月の2ヶ月後から開始、1ヶ月に1対局
試験会場
原則として「東京・将棋会館」または「関西将棋会館」
受験資格
・現在の公式戦において、最も良いところから見て10勝以上、
なおかつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア・女流棋士の希望者
・以下に定める公式戦において、所定の成績を収めた場合
竜王ランキング戦 優勝
王位戦 挑戦者決定リーグ入り
王座戦 挑戦者決定トーナメントベスト8
棋王戦 挑戦者決定トーナメントベスト8
棋聖戦 決勝トーナメントベスト8
朝日杯将棋オープン戦 本戦トーナメントベスト4
銀河戦 決勝トーナメントベスト4
NHK杯戦 本戦トーナメントベスト4
新人王戦 優勝
かつ四段以上の正会員の推薦のある者
試験内容
棋士との5番勝負(試験官は新四段5名を棋士番号順に選出)
※持時間3時間
※対局は将棋連盟の公式戦対局規定に準ずる
※1局目に振り駒、以下5局まで先後交代
※5対局中3勝で合格、フリ―クラスへの編入資格を得る
※合格者は4月1日付または10月1日付で四段となる

【小山怜央アマ プロフィール】

koyama.jpg

在住
神奈川県横浜市在住
職業
将棋講師
生年月日
1993年7月2日
師匠
北島忠雄七段
【本人コメント】
厳しい戦いになると思いますが、力を出し切れるようにしっかりと調整できたらと思います。

【試験官と対局日程】

    

試験官試験日(10時~)試験会場
1 徳田拳士 四段 11月28日(月) 関西将棋会館
2 岡部怜央 四段 12月12日(月) 東京・将棋会館
3 狩山幹生 四段 未 定
4 横山友紀 四段 未 定
5 高田明浩 四段 未 定

次の記事:古森悠太五段復帰のご報告

前の記事:11/29 伊藤園お~いお茶杯王位戦 広瀬八段-谷合四段戦(東京)の対局延期について

ニュースTOP