矢倉囲い(金矢倉)

www.shougi.jp

将棋研究

将棋研究 > 将棋の囲い一覧 > 矢倉囲い(金矢倉)

矢倉囲い(金矢倉)

歩   歩 歩 歩
  歩 銀 金  
  玉 金 角  
香車 桂馬      

解説

矢倉囲いは将棋の囲いの一つ。非常に古い戦型で現存の棋譜では1618年本因坊算砂と大橋宗桂の対局が初出である。居飛車でよく使われる代表的な囲いの一つ。

先手でいえば、玉将を8八に、左金を7八、右金を6七に、左銀を7七に移動させたものをいう。

この一般的な矢倉を金矢倉とも呼ぶ。角が攻めにも守りにも効くので、角が好きな人向けの囲いらしい。

長所

短所

関連ページ

銀矢倉 片矢倉