将棋研究

将棋研究 > 将棋ニュース > 日本将棋連盟創立100周年記念 第53回全国支部将棋名人戦〈東西決戦〉結果報告

日本将棋連盟創立100周年記念 第53回全国支部将棋名人戦〈東西決戦〉結果報告

日本将棋連盟創立100周年記念 第53回全国支部将棋名人戦の東西決戦が5月19日(日)、関西将棋会館「御下段の間」で行われました。
今回の東西決戦は東地区代表の横山大樹さん(北海道・札幌中央支部)と、西地区代表の天野啓吾さん(兵庫県・摩耶支部)の対戦となりました(持ち時間各60分、切れたら一手40秒未満)。

53branch_meijin01.jpg
結果は111手で天野さんが勝ち、初めての支部名人獲得となりました。

53branch_meijin02.jpg 53branch_meijin03.jpg
写真左:横山大樹さん(札幌中央支部)
写真右:天野啓吾さん(摩耶支部)

日本将棋連盟常務理事・井上慶太九段より賞状が授与されました。

53branch_meijin04.jpg
左から準優勝・横山大樹さん、優勝・天野啓吾さん、井上慶太九段

尚、この将棋の棋譜は将棋連盟支部会員向けの機関紙「支部ニュース91号」(6月20日発行)に掲載予定です。

次の記事:藤井聡太名人VS豊島将之九段 第82期名人戦七番勝負第4局 豊島将之九段の勝利

前の記事:西山、7連覇達成 ~マイナビ女子オープン振り返り~

ニュースTOP