矢倉戦法

www.shougi.jp

将棋研究

将棋研究 > 将棋の戦法一覧 > 矢倉戦法

矢倉戦法

  9 8 7 6 5 4 3 2 1    
  香車 桂馬           桂馬 香車 先手
    飛車   銀   角 金 玉  
  歩 歩   歩   金 銀 歩    
      歩   歩 歩 歩   歩  
                     
  歩   歩 歩 歩   歩      
    歩 銀 金   歩   歩 歩  
後手   玉 金 角   銀   飛車    
香車 桂馬           桂馬 香車  

矢倉囲い(金矢倉)

概要

矢倉戦法は矢倉囲いという囲いを組んで戦う戦法。

非常に古い戦型で、現存の棋譜では1618年8月11日の本因坊算砂と大橋宗桂の対局が初出である。本因坊が矢倉囲いを用いた。

この戦型のオーソドックスさと歴史、格調について米長邦雄は「矢倉は将棋の純文学だ」と述べ、将棋の世界では広まった言葉になっている。相振り飛車でも用いられるが、その場合右側に矢倉を作る右矢倉囲いになる。

通常矢倉囲いとは、(相居飛車の先手番の場合)玉将を8八に、左金を7八、右金を6七に、左銀を7七に移動させたものをいう。通常の矢倉を金矢倉ということもある。

角の初期位置に玉が来るため、角をうまく移動させることが必要になる。相矢倉では6八の位置に角が来ることが多いが、4六や5七、2六の位置に来ることもある。後手は7三に持ってくる場合が多い。

上部からの攻撃には強い反面、7八の金を守っている駒が玉1枚だけであり、横からの攻撃にはそれほど強くないという特徴がある。ただし6八には金銀3枚の利きが集中しているので、八段の守りが薄いというわけではない。端は金銀の利きが無いためやや弱く、例えば桂香飛角を利かせて一気に攻め立てる雀刺しという戦法がある。

矢倉囲いの組み方

相矢倉の場合、初手から▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩のあと、5手目に▲6六歩か▲7七銀とするのが最も一般的な出だしとされる。現代矢倉の出だしは24手まで定跡化されており、24手組と呼ばれる。

矢倉の諸戦法

矢倉での戦い方は双方が矢倉囲いに玉を収めてから戦う相矢倉が多いが、先手が戦型を決めやすい。そのため、先手に主導権を握られるのを嫌い、後手が矢倉に囲わず積極的に攻勢にでる戦法がある。これを急戦矢倉といい、その種類も多岐に渡る。

相矢倉

互いに矢倉囲いを組むことを目指し、互いが矢倉囲いを組めた頃に勝負が始まる。序盤に囲いを完成させることを目的とするため、中盤まで大きな戦いが起こらない。じっくりと囲いを組んでから戦う戦法。

急戦矢倉

急戦矢倉は角道を止めた先手に対し、後手から仕掛けていく。先手に主導権を握られる展開を避けたい、後手の積極策と言える。矢倉側は相手の急戦を警戒した駒組みが求められる。

先手が5手目に6六歩とするか、7七銀とするかで成立する急戦は異なり、例えば居玉棒銀や右四間飛車は6六歩型に、矢倉中飛車や阿久津流急戦矢倉は7七銀型に対して用いられる。米長流急戦矢倉のようにどちらでも成立する急戦もある。

変化形

相矢倉模様から急戦を仕掛けずに、趣の異なる作戦に組み替えるのも有力な作戦であり、相手の意表を突いたり、駒組みの不備や手順前後を咎める1手段である。

相振り飛車の矢倉囲い

相振り飛車では、矢倉の他に金無双美濃囲い穴熊囲いが用いられるが、それらに比べて上部が手厚いのが長所で、相振り飛車でよく見られる浮き飛車に対して、金銀で圧力を加えることが出来る。しかし、引き飛車の四間飛車や四手角など、盛り上がった形をとがめる作戦もあるため注意が必要とされている。