将棋研究

将棋研究 > 将棋ニュース > 史上初!こども大会優勝者同士の決勝戦!

史上初!こども大会優勝者同士の決勝戦!

史上初!こども大会優勝者同士の決勝戦!
藤井聡太 竜王 対 斎藤慎太郎 八段
― 11月20日(日)幕張メッセ 国際展示場4~6ホール(千葉県千葉市)―

「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦」(以下JT杯)の決勝戦は、準決勝で稲葉陽八段を破った藤井聡太竜王と永瀬拓矢王座を破った斎藤慎太郎八段の戦い。ともに初優勝をめざすと同時に、両者ともに「テーブルマークこども大会」(以下こども大会)での優勝経験者であり、どちらが「JT杯」を制しても大会史上初の両大会制覇となる。さらに藤井竜王には羽生善治九段の保持する最年少優勝記録(21歳2ヵ月)の更新もかかる。事前抽選で当選した観戦者や同会場で開催される「こども大会」の参加者等の目の前で対局が繰り広げられる。対局の模様は16時00分からABEMAで生中継される。

決勝戦生中継「ABEMA」URL
https://abema.tv/channels/shogi/slots/95FtxUqYwyw4YX

jt20221120_01.jpg

■対局の見どころ
両者の対戦成績は、藤井竜王の5勝3敗。戦型は、角換わり腰掛け銀が5局と最も多い。他の3局中2局も、角換わり腰掛け銀模様に進行している中で、銀を腰掛ける前に桂跳ねの急戦になったもの。残りの1局は最初の対戦で、後手の藤井竜王が角交換を避けて雁木にしたもの。これらの傾向を見ると、どちらが先手になったとしても角換わり腰掛け銀が本命ということになるだろう。お互いがテーマとしている局面があるだろうが、それはどこなのか。また先手後手にかかわらず、どちらが先に仕掛けるのか、そのあたりが序盤の見どころになる。前述したとおり、腰掛け銀になる前に戦いが起こるということも考えられる。過去の対戦では、早指しでの対局はなく、また「JT杯」での対決も今回が初めて。持ち時間の短い「JT杯」、そして大観衆の前での決勝で、お互い初優勝を目指す大一番。激しい攻め合いの将棋が予想される。

■注目の対局を盛り上げるのはこの3人

jt20221120_02.jpg

大盤解説は、「JT杯」で唯一、三連覇を達成している郷田真隆九段。両対局者の対戦で多く採用されている角換わり腰掛け銀は、郷田九段も得意としている。本格派居飛車党ならではの格調高い解説で、決勝の舞台を盛り上げる。

左から解説/郷田真隆 九段 聞き手/藤田 綾 女流二段 読み上げ/脇田菜々子 女流初段

■「JTプロ公式戦」トーナメント表

jt20221120_03.jpg

※タイトル・段位は2022年11月17日現在のものです。シリーズ途中に他棋戦の結果により変更となる場合がございます。
※藤井竜王は竜王・王位・叡王・王将・棋聖、渡辺名人は名人・棋王のタイトル保持者です。

■決勝戦直前 対局棋士と出演棋士参加によるトークイベント開催!
将棋決勝戦前々日の11月18日(金)、決勝戦対局棋士の藤井竜王と斎藤八段、さらに出演棋士(解説の郷田九段、聞き手の藤田女流二段、読み上げの脇田女流初段)が参加するトークイベントが開催される。対局棋士インタビューでは、決勝戦への意気込みや対局相手棋士の印象などを、出演棋士インタビューでは対局棋士の印象などを語ってもらう。全員参加のトークショーでは、趣味や対局がない休日の過ごし方等、普段あまり聞くことのできないエピソードを披露してもらう。
なお、トークイベントの模様はJT公式YouTubeチャンネルにて18時30分よりライブ配信される。

URL:https://www.youtube.com/watch?v=DlNnfdaS57g

※イベント会場は、関係者のみでの開催となります。
※パソコン、スマートフォン、タブレットからご視聴いただけます。視聴に関わるデータ通信料はユーザーのご負担となります。

■大会協賛趣旨(JTグループ)

「将棋日本シリーズ」は、今年で43回目の「JTプロ公式戦」と、21回目の「テーブルマークこども大会」が、同日同会場で開催される大会です。「ひとのときを、想う。JT」は、日本の伝統文化である将棋を通じて、一人ひとりに新しい体験をお届けし、将棋を愛するすべての人の心が豊かになるようにとの思いから、大会を応援しています。

■大会名義
主催 公益社団法人 日本将棋連盟、各地区新聞社(関東・大阪は日本将棋連盟のみ)
後援 文部科学省、開催地区地方自治体及び同教育委員会、開催地区青年会議所等
協賛 JT、テーブルマーク

■大会公式ホームページ
https://www.jti.co.jp/culture/shogi/index.html

次の記事:11/16 順位戦B級2組 中田宏樹八段-飯島栄治八段戦の対局について

前の記事:古森悠太五段 新型コロナウイルス感染に関するご報告

ニュースTOP