渡辺明王将が広瀬章人八段を制し、フルセットで防衛 第69期大阪王将杯王将戦七番勝負を振り返る

www.shougi.jp

将棋研究

将棋研究 > 将棋ニュース > 渡辺明王将が広瀬章人八段を制し、フルセットで防衛 第69期大阪王将杯王将戦七番勝負を振り返る

渡辺明王将が広瀬章人八段を制し、フルセットで防衛 第69期大阪王将杯王将戦七番勝負を振り返る

令和元年度を締めくくるに相応しい白熱したシリーズとなった第69期大阪王将杯王将戦七番勝負。

第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第1局

第1局は恒例となっている静岡県掛川市「掛川城 二の丸茶室」にて。矢倉の出だしから後手の広瀬が足早に銀を繰り出して戦いが始まった。後手が攻め、先手は厚みで対抗する展開に。

【第1図は△8四桂まで】

ここで金を逃げずに▲8五桂が好判断。△8三金に▲7四歩△同金▲7五歩と玉頭でポイントをあげにいく。こちらで攻める形を作れれば、後手は3筋の壁が響いてくる。最後は差がついて、まずは渡辺の快勝となった。

playback_69oushou_01.jpg
第1局 対局開始前

第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第2局

第2局は大阪府高槻市「山水館」にて。角換わり腰掛け銀の最新形となった。激しく駒を取り合う展開となったが、広瀬が切れ味を見せる。

【第2図は△6四同馬まで】

▲6五桂△同馬▲2四飛が鋭い寄せ。△同歩なら▲4三銀と打って後手玉は受けにくい。実戦は▲2四飛に△4二玉と早逃げしたが、▲2二馬△2四歩に▲6二銀と挟撃態勢を作って寄り筋に入った。これで1勝1敗に。

playback_69oushou_02.jpg
第2局の様子

第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第3局

第3局は栃木県大田原市「ホテル花月」にて。角換わりから相早繰り銀となる珍しい戦型となった。広瀬が優勢になったが、渡辺の巧みな粘りで徐々に差が詰まっていく。

【第3図は△2五歩まで】

ここで▲2四飛が逆転の一打。△3一歩と受けたが▲3四飛△5五桂▲3八玉で先手玉は寄らなくなった。渡辺が大きな逆転勝ちで2勝目。

playback_69oushou_03.jpg
第3局は渡辺王将の勝ち

第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第4局

第4局は神奈川県箱根町「ホテル花月園」にて。広瀬の矢倉に渡辺は雁木。序盤から後手が反発し、早い戦いとなる。広瀬が早い段階で優位に立つが、渡辺も勝負手を繰り出していく。

【第4図は△2三同玉まで】

ここから▲2四歩△3三玉▲3九歩で勝ちを決めた。以下△8六歩▲3五銀△8八桂成▲同金△8七歩成▲同金△3八飛はすさまじい勝負手だが、冷静に▲4八銀打で余している。広瀬が逃げ切り、2勝2敗のタイに。

第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第5局

第5局は大阪市「KKRホテル大阪」にて。相矢倉の脇システムが登場。先手の渡辺が前例のない珍しい仕掛けを選ぶ。

【第5図は▲1九飛まで】

ここで広瀬は残された最後の1分を使い、△8八銀▲同金△同歩成と踏み込む。先手玉は受けがなく、あとは後手玉が詰むか。以下▲1四歩△2三玉▲1三歩成△同玉▲3一角からかなり王手が続いたが、詰みはなく逃げ切った。広瀬が3勝目で、このシリーズ初めてリード。

playback_69oushou_04.jpg
第4局・第5局は広瀬八段の勝ち

第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第6局

第6局は佐賀県上峰町「大幸園」にて。広瀬が早い段階でリードを奪うが、選択肢の多さに悩まされて混戦となる。

【第6図は▲3二銀成まで】

ここで△5六角と踏み込んだのが勝因となった。▲2三飛成に強く△3三金と受け、飛車を渡せない先手は手段が難しい。ギリギリで逆転した渡辺が踏みとどまって最終局へ。

第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局

第7局は新潟県佐渡市「佐渡グリーンホテルきらく」にて。先手の渡辺は矢倉を選び、広瀬は急戦を目指す。渡辺は大駒を2枚とも切って、後手への食いつきを目指した。

【第7図は△2六歩まで】

後手は入玉に望みを託しているので、それさえ阻止できればいい局面。ここで▲5七金と囲いの駒を攻めに使ったのが好着想。次に▲4六金と出られれば後手の入玉が難しくなる。以下は後手の上部脱出を防ぎ、捕まえたところで投了。渡辺が6、7局と連勝してフルセットで防衛を果たした。

playback_69oushou_05.jpg
渡辺王将が4勝3敗で防衛

*画像は王将戦中継ブログより

次の記事:里見香奈女流四冠が「島根県県民栄誉賞」を受賞!

前の記事:3/29 第70回NHK杯将棋トーナメント「出場女流棋士決定戦」放映のお知らせ

ニュースTOP