将棋研究

将棋研究 > 将棋ニュース > 第4回ABEMAトーナメント ~7月17日放送 予選Eリーグ第三試合・チーム渡辺VSチームエントリー 事前特集~

第4回ABEMAトーナメント ~7月17日放送 予選Eリーグ第三試合・チーム渡辺VSチームエントリー 事前特集~

 第4回ABEMAトーナメント、7月17日(土)19時から放映されるのは予選Eリーグ第三試合。チーム渡辺こと「ホームラン」(渡辺明名人、戸辺誠七段、近藤誠也七段)対チームエントリーこと「わっしょい」(小林裕士七段、梶浦宏孝七段、藤森哲也五段)のカードだ。まずは両チームのメンバーがこれまでの団体戦でどのような成績を上げたか、紹介する。

個人成績

   
棋士名勝敗相手
渡辺明名人 6勝9敗 (藤井聡太王位・棋聖に0勝1敗、三浦弘行九段に0勝1敗、佐藤天彦九段に1勝2敗、都成竜馬七段に0勝1敗、高見泰地七段に1勝1敗、増田康宏六段に0勝1敗、佐々木大地五段に2勝1敗、本田奎五段に1勝0敗。以上が第3回。第4回では斎藤慎太郎八段に0勝1敗、都成七段に1勝0敗)
戸辺誠七段 2勝1敗 (第4回が初出場で、村山慈明七段に2勝0敗、都成七段に0勝1敗)
近藤誠也七段 9勝4敗 (永瀬拓矢王座に0勝2敗、山崎隆之八段に0勝2敗、糸谷哲郎八段に1勝0敗、都成七段に1勝0敗、阿部光瑠六段に2勝0敗、高野智史五段に2勝0敗、本田五段に1勝0敗。以上が第3回。第4回では斎藤八段に1勝0敗、都成七段に1勝0敗)
小林裕士七段 1勝2敗 (第4回が初出場で、斎藤八段に0勝1敗、村山慈明七段に0勝1敗、都成七段に1勝0敗)
梶浦宏孝七段 1勝1敗 (第4回が初出場で、斎藤八段に1勝0敗、都成七段に0勝1敗)
藤森哲也五段 0勝2敗 (第4回が初出場で、斎藤八段に0勝1敗、村山七段に0勝1敗)

 また、それぞれのメンバー同士の公式戦戦績は以下の通りである。

対戦戦績

 
対戦勝敗内容
渡辺―小林 渡辺の4勝1敗
渡辺―梶浦 過去に対戦無し
渡辺―藤森 渡辺の1勝0敗
戸辺―小林 戸辺の2勝1敗
戸辺―梶浦 戸辺の2勝0敗
戸辺―藤森 藤森の2勝0敗
近藤―小林 小林の2勝0敗
近藤―梶浦 近藤の5勝0敗
近藤―藤森 近藤の3勝0敗

 前回で勝ち点-3の「わっしょい」は剣ヶ峰に立たされているが、Cリーグにおけるチーム羽生と状況としては同一だ。予選通過のためには2敗までしか許されないが、再びのミラクルとなる祭りを起こせるか。  対する「ホームラン」。こちらは3勝できれば予選通過が確定と、優位な立場にある。そしてここまでのフィッシャールールで抜群の強さを見せている近藤が、対戦相手との相性も良いのは好材料だろう。1位通過を決める、トドメの大きな一発を打つことが出来るか。

7月17日(土)19時から始まる予選Eリーグ第三試合の放映をお楽しみください。

次の記事:一泊二日で「プロ棋士に将棋を学ぶ会 夏休み子供対局」信州の温泉宿でプロ棋士の指導対局を体験し、将棋の楽しさに浸る

前の記事:東京将棋会館道場パートタイマー募集のお知らせ

ニュースTOP