手損

www.shougi.jp

将棋研究

将棋研究 > 将棋の上達法 > 手損

手損

前項で駒を損することを駒損と解説致しました。

ここでは、手損を解説いたします。

手損とは名前の通り、手(ターン)を損することです。つまり、一手なり二手なり損すること。

例えば、後手番一手損角換わりという戦法があります。

この戦法では名前の通り後手から角を交換するので、実質的に後手が一手、手を損をしたことになります。

ちなみに、振り飛車も飛車を振る分一手損しているのでは?というような考え方をする方もいます。

これは、居飛車ならそのままの位置でいいものを、わざわざ一手かけて左方向へ展開しているので、一手損をしたのと同じでは?という考え方です。

実際はどうなんでしょうか。