将棋研究 > 将棋の戦法一覧 > 棒銀

棒銀

  9 8 7 6 5 4 3 2 1    
  香車 桂馬 銀 金 玉     桂馬 香車 先手
    飛車       角 金    
  歩 歩 歩 歩 歩   銀 歩 歩  
            歩 歩      
                歩    
  歩   歩     歩   銀    
    歩   歩 歩   歩   歩  
後手   角           飛車    
香車 桂馬 銀 金 玉 金   桂馬 香車  
   ※ 図は原始棒銀の駒組みの例

棒銀(ぼうぎん)戦法は、将棋の戦法の一つ。銀将を棒のようにまっすぐ進めて攻めることからこの名が付いた。対居飛車の戦法と対振り飛車の戦法とがある。英名はClimbing Silver。

非常に歴史の古い戦法であり、一説には既に初代名人大橋宗桂の将棋に類似の形が見られるという。総じて速効性に優れ、1-4筋と絡めると侮れない破壊力を持つが、狙いが単純で受けの対策が立てやすい。また中盤の捌き合いの後にこの銀が残ってしまうことがよくあり不利を招きやすい。

プロの対局でもしばしば現れ、加藤一二三、木村一基、渡辺明らは振り飛車に対して棒銀戦法を得意としている。

原始棒銀

飛車先の歩を伸ばし、銀をいきなり繰り出す戦法を原始棒銀や単純棒銀と呼ぶ。初心者向きといわれるが、使いこなすのは難しい。また受けを知らないと潰されることもあり、アマチュア向きと呼ばれるが、前述の通り低級者ではとても指しこなせない。

矢倉模様から後手が単純棒銀に打って出て速攻を目指すのは谷川浩司などが一時期得意としていた。△4五歩の突き捨てで角筋と絡めて攻める。ただし現在では受け方が確立している。