将棋研究

将棋研究 > 将棋ニュース > 棋士会ふくしま将棋フェスティバル

棋士会ふくしま将棋フェスティバル

 10月15日(土)に福島県喜多方市熱塩加納公民館、16日(日)に福島県須賀川市ホテルサンルート須賀川にて「棋士会ふくしま将棋フェスティバル」が開催されました。
この棋士会イベントは、2011年から東日本復興支援として被災地となった地域を中心に毎年行われておりましたが、コロナ禍の影響もあって3年ぶりの開催となりました。

【出演棋士】
中村修九段(棋士会会長)、中川大輔八段、畠山鎮八段(副会長)、糸谷哲郎八段(副会長)、遠山雄亮六段(副会長)、斎藤明日斗五段、武富礼衣女流初段、小高佐季子女流初段

「棋士会ふくしま将棋フェスティバル in 喜多方」(10月15日)

【主催】日本将棋連盟棋士会
【共催】日本将棋連盟福島県支部連合会
【協賛】ヒューリック株式会社
【主管】棋士会ふくしま将棋フェスティバル喜多方実行委員会

 会場には150名近くのファンの方にお越しいただき、温かい雰囲気の中イベントが始まりました。中村九段の挨拶では三年ぶりに開催できたことの喜びと、共同主催となった日本将棋連盟福島県支部連合会の皆様への感謝の気持ちが述べられました。地元の皆さまの多大なるお力添えがあってこのイベントが開催できましたこと感謝申し上げます。

20221015kishikai.jpg
開会式

 まず初めのプログラムは出演棋士によるトークショー。中村九段の司会進行で和やかな雰囲気で行われました。「棋士を目指したキッカケ」「対局で負けた時の切り替え方」「対局で勝ったときは何をしているか」などのテーマで各棋士の個性的な回答が飛び交いました。
特に幼少期の話が多く、懐かしく初心にかえるようで出演棋士自身も楽しんでいました。アットホームな雰囲気だからこそ時々飛んでくる、一歩踏み込んだ中村九段の質問は会場の笑いを誘いました。

20221015kishikai2.jpg
出演棋士全員によるトークショー

 次のプログラムは指導対局とぐるぐる将棋。中村九段、中川八段、糸谷八段は5面指しで指導対局を行いました。畠山八段、遠山六段、斎藤五段、小高女流初段、武富はぐるぐる将棋を担当し、ファンの皆さまと盤を挟みました。指し手や盤を見る鋭い眼差しから将棋熱を感じました。
ぐるぐる将棋では、棋士陣がぐるぐる回りながら一手ずつ指していくため、自分の意図と違う局面になることも度々。時折「この手指したの誰だよ~」などのつぶやきも聞こえ、楽しい雰囲気で行われました。

20221015kishikai3.jpg
ぐるぐる将棋

 最後はお楽しみ抽選会。賞品は出演棋士の直筆色紙でした。子どもたちが目を輝かせて祈っている姿に思わず棋士たちも笑顔になりました。

 こうして一日目を盛況のうちに終えることができました。

「棋士会ふくしま将棋フェスティバル in 須賀川」(10月16日)

【主催】日本将棋連盟棋士会
【共催】日本将棋連盟福島県支部連合会
【協賛】ヒューリック株式会社
【主管】日本将棋連盟 須賀川支部

 2日目は須賀川市での開催。こちらでも100名を越える方々にご参加いただきました。
開会式が始まり中村九段の挨拶の後はさっそく出演棋士全員によるトークショー。

20221016ishikai.jpg
トークショー

 今回は遠山六段の司会で進められました。主なテーマは「子どもの頃の勉強法」でした。参加者の皆さまからたくさんの質問が飛び交い、出演棋士が熱く語ると会場は大いに盛り上がりました。
次のプログラムは出演棋士全員による、ぐるぐる将棋。こちらでも参加者の方々は、顔は赤くなるほど盤上にのめり込まれ、熱心に対局されていました。棋士も参加者の鋭い一手に思わず手が止まり感嘆の声を漏らしていました。

20221016ishikai2.jpg 20221016ishikai3.jpg
ぐるぐる将棋

 そして最終プログラムはお楽しみ抽選会。抽選くじを引く棋士たちもワクワクする気持ちで楽しく引きました。当選した方が思わず声を上げて喜ばれる姿にこちらも嬉しくなりました。

 こうして2日間の棋士会イベントは大盛況のうちに終了しました。

20221016ishikai4.jpg
出演棋士で記念写真

 今回の棋士会ふくしまフェスティバルは、前述したように3年ぶりの開催となり、その期間を埋めるように大いに賑わい楽しいイベントとなりました。一つの会場に集まって将棋の楽しさを共有することの喜びを改めて実感した2日間となりました。
参加者の皆さまの熱意や活気が本イベントを成功に導いてくれました。
イベントに関わってくださった全ての皆さまに感謝申し上げます。

文:武富礼衣

次の記事:古森悠太五段 新型コロナウイルス感染に関するご報告

前の記事:伊藤匠五段 復帰のご報告

ニュースTOP