渡辺明王将VS広瀬章人八段、第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第3局

www.shougi.jp

将棋研究

将棋研究 > 将棋ニュース > 渡辺明王将VS広瀬章人八段、第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第3局

渡辺明王将VS広瀬章人八段、第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第3局

渡辺明王将に広瀬章人八段が挑戦する第69期大阪王将杯王将戦七番勝負は、第3局が2月8・9日(土・日)に栃木県大田原市「ホテル花月」で行われます。

第1局は渡辺王将が、第2局は広瀬八段が勝ち、1勝1敗で第3局を迎えています。
渡辺王将が勝って防衛に近づくのか、広瀬八段が勝ってタイトル奪取に近づくのか、注目が集まります。

渡辺王将は前期で3期目の王将に返り咲いての防衛戦です。
広瀬八段は、初の王将挑戦です。

両者はこれまでに28回対戦し、16勝12敗で渡辺王将が勝ち越しています。

大阪王将杯王将戦七番勝負の模様は、毎日新聞ニュースサイト日本将棋連盟ライブ中継で中継をいたします。

また、将棋プレミアム (※要会員登録・有料)で動画中継をご覧いただくことができます。あわせてお楽しみください。

関連記事

【棋士データ・成績比較】渡辺明王将 VS 広瀬章人八段
【第2局ダイジェスト】第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第2局をダイジェストで振り返る
【展望コラム】渡辺王将の4期目の王将か、広瀬八段の初獲得か。第69期大阪王将杯王将戦の展望は?

次の記事:師匠でもある父とともに。高2から女流棋士を目指してきた道のり ― 飯野愛女流初段インタビュー

前の記事:中飛車に困っている方は、ぜひ試してみては?「対中飛車角筋不突き左美濃」の組む際の注意点と発展形

ニュースTOP