袖飛車

www.shougi.jp

将棋研究

将棋研究 > 将棋の戦法一覧 > 袖飛車

袖飛車

  9 8 7 6 5 4 3 2 1    
  香車 桂馬 銀 金 玉 金 銀 桂馬 香車 先手
    飛車           角  
  歩 歩 歩 歩 歩 歩   歩 歩  
              歩      
                     
              歩      
  歩 歩 歩 歩 歩 歩   歩 歩  
後手   角 金       飛車      
香車 桂馬 銀   玉 金 銀 桂馬 香車  

袖飛車

概要

袖飛車(そでびしゃ)は、将棋の戦法のひとつで居飛車に分類される。先手ならば飛車を3筋に、後手ならば飛車を7筋に振る。通常振り飛車には含めないが、振り飛車からの変化でこの戦法へとつながることも多い。狙いは対居飛車と対振り飛車で全く異なる。英語名称はSleeve Rook。

対居飛車戦

奇襲の一つとされ、相手の玉頭から攻めるのに用いられる。初手から飛車を袖飛車にするか、3筋の歩を突くことが多い。実戦例が少ないため、定跡としては未完成の部分が多く、この仕掛けが成立するかどうかは微妙なところである。

対振り飛車戦

対後手ツノ銀中飛車に対する有力な対策として、加藤一二三の「加藤流袖飛車」は実戦例も多く、対ツノ銀中飛車における主流戦法であった。近年は居飛車穴熊戦法がツノ銀中飛車を壊滅に追いやったために、ツノ銀中飛車自体が採用されず、殆ど見ることがなくなった。