4四歩パックマン

www.shougi.jp

将棋研究

将棋研究 > 将棋の戦法一覧 > 4四歩パックマン

4四歩パックマン

  9 8 7 6 5 4 3 2 1    
  香車 桂馬 銀 金 玉 金 銀 桂馬 香車 先手
    飛車           角  
  歩 歩 歩 歩 歩   歩 歩 歩  
            歩        
                     
      歩              
  歩 歩   歩 歩 歩 歩 歩 歩  
後手   角           飛車    
香車 桂馬 銀 金 玉 金 銀 桂馬 香車  

図1 △4四歩まで

概要

4四歩パックマンは将棋の戦法のひとつで、後手が用いる奇襲戦法。

先手の初手▲7六歩に対して、△4四歩とする戦法をいう。この歩は無条件に取れるように見えるが、取ってしまうと非常に激しい戦いに突入し、双方とも油断すると一気に敗勢に陥る局面となる。

変化が豊富であり、研究していない相手には奇襲が成功する公算が大きい。先手としては、挑発に乗らずに▲4六歩または▲2六歩とすれば、普通の駒組みが予想されるが、プロの意見では▲4四同角と取って先手が有利である。

図1以下、▲4四同角とすれば、△4二飛▲5三角成までは必然である。ここで、単に△4七飛成とするのは、▲6三馬(桂取り)△7二銀▲3六馬だと歩得で先手が指しやすくなる。そこで、△4七飛成に代えて△3四歩が狙いの一手である。ここは先手の手が広いところであるが、以下▲4二馬△同銀と清算してから▲8八銀(図2)と守る変化と、単に▲8八銀(図4)とする変化を見る。

▲4二馬-△同銀のパターン

  9 8 7 6 5 4 3 2 1    
  香車 桂馬 銀 金 玉 金   桂馬 香車 先手
            銀   角  
  歩 歩 歩 歩       歩 歩 飛車
              歩     歩
                    歩
      歩              
角 歩 歩   歩 歩 歩 歩 歩 歩  
後手   銀           飛車    
香車 桂馬   金 玉 金 銀 桂馬 香車  

図2 ▲8八銀まで

図2からは、△9五角が後手の勝負手となる。この王手に対し、▲6八金や▲4八玉は飛車の横利きが無くなって、△8八角成と銀を取られる。▲7七銀と上がるのも、△7七同角右成▲同桂△同角成▲6八金△9九馬となっては後手勝勢である。

よって、△9五角には▲7七飛と打つ。これに対し、すぐに△7七同角右成▲同銀と清算するのでは大したことがないので、△3三桂と力をためる(図3)。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1    
  香車 桂馬 銀 金 玉 金     香車 先手
            銀   角  
  歩 歩 歩 歩     桂馬 歩 歩 歩
              歩     歩
  角                  
      歩              
  歩 歩 飛車 歩 歩 歩 歩 歩 歩  
後手   銀           飛車    
香車 桂馬   金 玉 金 銀 桂馬 香車  

図3 △3三桂まで

ここで▲9六歩と催促するのは、△7七角成▲同銀△4五桂▲4八銀△7七角成▲同桂△8九飛▲7八角△9九飛成と進み、後手優勢となる。よって、▲6八玉と体勢を整えておくべき。

▲8八銀と守るパターン

  9 8 7 6 5 4 3 2 1    
  香車 桂馬 銀 金 玉 金 銀 桂馬 香車 先手
            飛車   角  
  歩 歩 歩 歩 竜馬     歩 歩 歩
              歩     歩
                     
      歩              
  歩 歩   歩 歩 歩 歩 歩 歩  
後手   銀           飛車    
香車 桂馬   金 玉 金 銀 桂馬 香車  

図4 ▲8八銀まで

単に▲8八銀と上がった第4図からの変化を見る。後手は△4七飛成と成り込む。ここでの先手の手も広いが、▲7七銀では△5七龍(王手馬取り)▲5八飛△5六歩と食い付かれる。▲6三馬では△7二銀▲3六馬△5八歩▲同金右△3六龍▲同歩△8八角成と進んで後手勝勢。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1    
  香車 桂馬 銀 金 玉 金 銀 竜馬 香車 先手
                   
  歩 歩   歩   桂馬   歩 歩 歩
      歩       歩     歩
            龍王       歩
      歩              
銀 歩 歩   歩 歩   歩 歩 歩  
後手   竜馬     金     飛車    
香車 桂馬   金 玉   銀 桂馬 香車  

図5 ▲4三桂まで

よって、△4七飛成に対しては、馬を安定させる▲7五馬が有力な手である。後手の継続手段としては、馬を浮かせるための△7四歩があり、▲6五馬の両取りで困るように見えるが、△5八歩▲同金右△4五龍▲2一馬△8八角成▲4三桂(図5)と進んで形勢不明。