筋違い角

www.shougi.jp

将棋研究

将棋研究 > 将棋の戦法一覧 > 筋違い角

筋違い角

  9 8 7 6 5 4 3 2 1    
  香車 桂馬 銀 金 玉 金   桂馬 香車 先手
    飛車           銀  
  歩 歩 歩 歩 歩 歩   歩 歩  
              歩      
            角        
      歩              
角 歩 歩   歩 歩 歩 歩 歩 歩  
後手               飛車    
香車 桂馬 銀 金 玉 金 銀 桂馬 香車  

筋違い角の例(5手目まで)

概要

筋違い角とは将棋の戦法で角を初期配置の筋と別の筋に打つ戦法。角交換後に筋違いの位置に角を打って活用する戦法のことも指す。

初期配置の角は8八であり、角は成らない限り「アラビア数字+漢数字=偶数」の位置を保ち続けながら移動する。

これに対し筋違い角は、「アラビア数字+漢数字=奇数」の位置に角を打つ。この角はならない限り初期配置の筋に移動することはない。

  9 8 7 6 5 4 3 2 1    
  香車 桂馬   金 玉     桂馬 香車 先手
    飛車   銀     金 銀  
  歩 歩 歩 歩 歩 歩   歩 歩 歩
              角      
                     
      歩 歩            
角 歩 歩     歩 歩 歩 歩 歩  
後手               飛車    
香車 桂馬 銀 金 玉 金 銀 桂馬 香車  

筋違い角の例(9手目まで)

戦法としての筋違い角の開局手順は定まっていて、▲7六歩△3四歩▲2二角成△同銀▲4五角と角を打ち、△6二銀▲3四角△3二金▲6六歩もしくは△5二金右▲3四角△5四歩▲6六歩もしくは△5二金右▲3四角△6五角打と3四歩を取るのが一連の手順です。この後は棒銀にしたり、向かい飛車に振るなど様々な指し方がある。

奇襲戦法というイメージが強いがプロの対局でも散見され、昭和期にはタイトル戦でも登場しているが、近年は減少傾向にある。

メリット

デメリット