駒を動かす時のルール

www.shougi.jp

将棋研究

将棋研究 > 将棋のルール > 駒を動かす時のルール

駒を動かす時のルール

駒の動かし方はひとまず置いておいて、まずは駒を動かすときのルールについて説明します。

  1. 味方の駒がいるマス目には動けない。
  2. 相手の駒がいるマス目に動くと相手の駒を取ることができます。
    取った駒は自分の「持ち駒」になります。
  3. 持ち駒は自分の番が回ってきたときに、盤上のあいているマスに置くことができます。
  4. 味方の駒が敵陣に進むと「成る」ことができます。
    また、敵陣の中で動いたり敵陣から出ても成れます。下図の相手側(ピンク色のところ)が敵陣です。
香車 桂馬 銀 金 王 金 銀 桂馬 香車
  飛車           角  
歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩
                 
                 
                 
歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩
  角           飛車  
香車 桂馬 銀 金 玉 金 銀 桂馬 香車
  1. 持ち駒を敵陣にいきなり成って置くことはできません。一度動かす必要があります。
  2. 成ることができる駒をあえて成らせないこともできます。
    これを「不成(ならず)」といいます。
  3. 一度は不成した駒でも、4の条件を満たしていればいつでも成ることができます。
    ですが、成った駒を元に戻すことはできません。

次は、いよいよ駒の動かし方です。