伊藤超短波 2020夏休みオンラインこども将棋フェスティバル開催レポート

www.shougi.jp

将棋研究

将棋研究 > 将棋ニュース > 伊藤超短波 2020夏休みオンラインこども将棋フェスティバル開催レポート

伊藤超短波 2020夏休みオンラインこども将棋フェスティバル開催レポート

主催
日本将棋連盟
特別協賛
伊藤超短波株式会社

2020年夏、子ども達が参加を楽しみにしていた将棋大会や将棋イベントが中止となってしまいました。日本将棋連盟では、将棋に情熱を傾ける全国の子ども達に日頃の練習・勉強の成果を発揮する場を提供したいと考え、伊藤超短波株式会社様の特別協賛を受け、2020年8月6日(木)~8月16日(日)の期間、こども向けオンライン将棋イベントを開催しました。それぞれの企画に日本国内はもとより海外からのオンラインならではの参加もあり、多くの子ども達に将棋に親しんで頂きました。

「おうちではじめての将棋教室」

8月9日(日)と16日(日)の2日間、「おうちではじめての将棋教室」を開催致しました。
将棋が話題になっている今、この状況で将棋教室に通えない初心者の子供たちと保護者を対象に、少しでも将棋に楽しんでいただければと今回開催に至りました。
 先生を務めていただきました戸辺誠七段が15組30名の親子とWeb会議を繋げ、コメントでコミュニケーションを取りながら、①駒の動かし方②王手の仕方③詰ませ方、という3つのテーマを解説致しました。
 9日と16日の将棋教室は、後日撮影・編集をし、将棋連盟YouTubeチャンネルにアップロード致します。是非ご覧ください。

cho-tanpa_2020-1
▲配信の様子
cho-tanpa_2020-2
▲コメントで詰将棋を解いていただきました。

「夏休み自由研究ワークショップ」

8月6日(木)と13日(木)の2日間、「夏休み自由研究ワークショップ」を開催致しました。
毎年、夏休みの期間中に東京千駄ヶ谷の将棋会館にて行う人気のワークショップですが今年はオンラインでの開催となりました。両日あわせ63組126人の親子の参加がありました。講師は高野秀行六段、「将棋のツールは?」「世界には将棋の仲間がたくさんあるよ!」日本の将棋が今のルールになるまでの話等と興味深い話しに子ども達も興味津々でした。今年の参加者は、北は北海道から南は長崎まで、また海外からの参加者もありオンライン開催ならではのイベントとなりました。

cho-tanpa_2020-3
▲全国の小学生とオンラインでチャットを利用し講座を行う高野秀行六段

「高見泰地七段、山口恵梨子女流二段に聞いてみよう!!」YouTube配信

8月10日(月・祝)「高見泰地七段と山口恵梨子女流二段に聞いてみよう!!」YouTube配信をライブ配信しました。出演の2人の棋士・女流棋士には、小中学生とその保護者を中心に多くの質問をもらい、その中から厳選し2人に答えていただきました。「こども時代の大会前のルーティーンを教えてください!」「勉強と将棋の時間配分は?」「コロナで道場へ行けません。どのように将棋の勉強をすればいいですか?」「モチベーションを保つ秘訣は?」など多数の質問に率直に答えていただきました。

cho-tanpa_2020-4
▲小学生からの質問に率直に答える高見泰地七段と山口恵梨子女流二段

cho-tanpa_2020-5
▲この模様は日本将棋連盟YouTubeチャンネルにて視聴ができます。
https://www.youtube.com/watch?v=a2CCZNg4vzs

「伊藤超短波杯オンラインこども将棋大会」

「伊藤超短波杯オンラインこども将棋大会」(主催:日本将棋連盟 特別協賛:伊藤超短波株式会社 協力:将棋倶楽部24・株式会社ユーザーローカル)が8月7日(金)から9日(日)までの3日間にわたって開催されました。
208名の応募者の中から、各日64名による予選トーナメントが2日間行われ、3日目には予選を勝ち上がった8名による決勝トーナメントが行われました。
そして迎えた決勝戦は、沖永遼馬君(おきながはるま・小学6年) 対 高井柊輔君(たかいしゅうすけ・中学1年)の対局。熱戦が繰り広げられ、162手で高井柊輔君の優勝となりました。

大会の結果はこちらからどうぞ

また、最終日8月9日(日)には大会の敗退者対象にオンライン指導対局会を開催しました。
郷田真隆九段、梶浦宏孝六段、本田小百合女流三段が、応募者43名の内当選した10名のお子様へ将棋倶楽部24で指導を行いました。北海道から鹿児島県まで、全国の子どもたちにプロ棋士の指導を楽しんでいただきました。

cho-tanpa_2020-6
▲指導の様子(写真左から本田小百合女流三段・郷田真隆九段・梶浦宏孝六段)

「奨励会受験生特訓!オンライン将棋塾」

8月10日(月・祝)奨励会を受験する小中学生を対象とした、直前特訓指導対局会を開催しました。全国各地から12名のお子様にご参加いただき、中川大輔八段、渡辺和史四段、奨励会員4名が、将棋倶楽部24を使って指導を行いました。マンツーマンでの丁寧な指導、奨励会試験を想定した香落ち対局、現役の奨励会員による質疑応答など、充実した一日となりました。

cho-tanpa_2020-7
▲指導の様子 中川大輔八段

cho-tanpa_2020-8
▲指導の様子 渡辺和史四段

次の記事:8月30日(日)これを見れば王将戦のすべてが分かる! 生中継でお届けする情報番組『王将戦 Monthly Live』

前の記事:「ファーストロジック杯全国オール学生オンライン将棋大会」開催報告

ニュースTOP