将棋研究 > 将棋の囲い一覧 > 矢倉囲い(金矢倉)

矢倉囲い(金矢倉)

歩   歩 歩 歩
  歩 銀 金  
  玉 金 角  
香車 桂馬      

解説

矢倉囲いは将棋で居飛車でよく使われる囲いで、代表的な囲いの一つ。
先手でいえば、玉将を8八に、左金を7八、右金を6七に、左銀を7七に移動させたものをいう。
この、一般的な矢倉を金矢倉ということもある。
角が攻めにも守りにも効くので、角が好きな人向けの囲いらしい。

長所

全体的に堅い囲いである。
特に上部からの攻撃に強い。

短所

7八の金を守っている駒が玉1枚だけであり、横からの攻撃に弱い。
また、端攻めにも弱いので注意が必要。

関連ページ

銀矢倉 片矢倉