将棋研究 > 将棋の囲い一覧 > 菊水矢倉

菊水矢倉

歩   歩 歩 歩
  歩 桂馬 金  
  銀 金 角  
香車 玉      

解説

菊水矢倉は昭和20年代に高島一岐代が考案し、出身地河内八尾の偉人・楠木正成の家紋「菊水」にちなんで命名した。
また、矢内理絵子氏が愛用していることから「矢内矢倉」とも呼ぶ。

長所

通常の矢倉よりも玉が一段低い位置にあり、棒銀などの上部からの攻撃に強い。
また、玉が角筋から外れているため、角筋に頼った攻撃にも強さを発揮する。

短所

見ての通り下段がスカスカで、横からの攻めに弱い。
飛車交換をした際にはご注意を!

関連ページ

矢倉囲い